読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

あなたも脱税予備軍?【やよい白色申告 オンラインを1年間使ってみて】

確定申告 税金 ツール


やよい白色申告 オンラインを1年間使ってみて

ひょっとしてあなたも脱税予備軍??

数年前からアフィリエイトによる副業を行っている。

それによる収入は微々たるものだがそれでも場合によっては税金を払わなくてはならない。 サラリーマン副業の場合、年間の所得(利益)が20万円を超える場合には確定申告を行わなくてはならない。

そのことは多くの人が知っている。 逆に言うと所得が20万円に満たないと確定申告は不要で全く課税対象ではないと思っている人も多い。

しかし、所得が1円でもあれば市民税の申告が必要だということはあまり知られていない。 課税されるかどうかはまた別の話で課税されないとしても申告は必要となる。

「所得が20万円に満たないから申告は不要」と全く何もしていないならそれはもしかすると知らず知らずのうちに脱税の予備軍にいなっているかもしれません。

また、ネットでアフィリエイトの経費として認められるものも実際にサラリーマンなどの白色申告の場合には「雑所得」として計上する場合には経費として認められないものも多くある。

これが「事業所得」という扱いで副業を行っているならほとんどの場合、問題ない。

このあたりのことをきちんと知っていないとある日突然税務署がやってくるなんてことも本当にあり得る話となる。

アフィリエイトの収入に対し自分の判断で経費を計上して所得(利益)がないならその根拠となる記録をきちんと保存しておく必要がある。

実際に2014年の法改正で所得が1円でもある場合には帳簿の整備が義務化されているので申告や納税の有無にかかわらず帳簿を用意する必要がある。

http://www.smile-hack.com/entry/yayoiwww.smile-hack.com

会計ソフトで予防処置

ということで実際に確定申告の不要となる20万円というラインに達しなくても副業を始めた瞬間に帳簿の整備をしなくてはいけない法律が実は整備されています。

この時に多くの人が初めての帳簿をつけるようになると思います。 最初は簡単な帳簿でOKなようです。

最終的に事業として考えている場合には最初から青色申告を考えておく必要がありますが簡単に始めるだけなら帳簿も簡単にしておいてもいいでしょう。

実際に白色申告の帳簿はエクセルの簡単なものでも大丈夫です。

ただ、それでも面倒なことは多いので申告に対応したソフトを導入しておくことで予防処置的に帳簿をつけておくと心配も少なくなるかと思います。

将来的に青色申告を考えていて簿記の知識があるのであればMFクラウド確定申告などでもよいでしょう。

さらに簡単といわれている「freee」に関しても最終的には青色申告もできるような作りになっているので簿記知識のない僕にとってはやや難解でした。

そこへ行くと「やよい白色申告」は完全に白色申告を目的にしているのでかなり簡単な作りになっています。

おこずかい帳程度の感覚で使うことができました。

MFクラウド確定申告は無料から始めることができます。 確定申告に費用な書類の作成も可能です。

Freeeに関しても無料で1か月使用することができます。 確定申告に必要な書類作成には有料契約が必要です。

また、やよい白色申告オンラインも無料で14か月の利用ができます。 今回の確定申告書類の作成は1回のみ可能です。 次回の確定申告の際には契約の延長が必要です。

インターフェイスは簡単操作

ということで「やよい白色申告オンライン」を使用しています。

インターフェイスは非常に簡単です。

f:id:aeron501:20160211222054j:plain

自動取り込みは便利だけれども…

やよい白色申告オンラインはクレジットカードなどの支払い情報をリンクして取り込むことが可能です。

ただ、こちらはZaimなどの外部アプリなどを使用しなくてはいけないので面倒に感じるひともいるようです。

私は取り込み件数がそれほど多くないのであまり感じませんでしたが。

ただ、1年使用して感じたのは専用のクレジットカードや銀行口座などを持っていない場合にはかえって取り込みが煩雑になってしまうということです。

私自身、アフィリエイトの専用口座を用意いていないので取り込みを行った後に関連のあるものだけを抽出するのにかなり手間がかかってしまいました。

また、意図しない取り込みが誤って行われてしまった場合に合計金額がおかしくなることもあります。

実際に1年使って申告の時期を迎えた今としては都度手入力のほうが間違いも少なく金額誤差も発生しにくのではないかと感じています。

また、その位の手間であればMFクラウド確定申告の無料プランでもいいのかなとも思ってしまっています。
マネーフォワード確定申告

確定申告まで簡単手続き

固定資産や電気代などの家事按分についてもほぼ自動で計算をしてくれます。

それまで入力されている内容が問題なければそのまま確定申告の書類を作成することができます。

いくつかの要素を選ぶことで確定申告に必要な書類が印刷できます。
私自身は今回の申告は実は確定申告ではなく市民税の申告でした。

会計ソフトで作成した帳簿を持っていたのですが市民税の徴収方法は私の住む市の場合には特に確認はしないそうです。
(ただし、税務調査の可能性がゼロということではありません)

総合的に

総合的にはやよい白色申告オンラインは主婦やサラリーマンの方たちの使用においては充分でしょう。

総合的な感じで言うと私のような弱小ライターは当面白色申告。 その点で言うと最安のものが良いでしょう。

また、「青色申告もできる」他の会計ソフトに比べて機能が限定されていて逆に迷わないという部分はかなりフューチャーしても良いのではないでしょうか。

やよいの白色申告 オンライン