読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

主婦やサラリーマン副業確定申告に「やよい白色申告」が最適な理由とは?

確定申告

f:id:aeron501:20160209235932j:plain
主婦やサラリーマンの副業も含む白色申告について2014年から帳簿の作成が義務化されました。
最近はアフィリエイトなどのパソコンを使った副業が広く認知をされてきており、それに伴い実際に副業を行っている人も多いようです。

www.smile-hack.com

帳簿義務化というとおおげさな感じもしますが主婦やサラリーマンの副業程度のイメージの場合なら帳簿はかなり簡単なものでもOKなようです。

誤解を恐れずに言うならば簿記などのようなむずかいしい帳簿ではなくお小遣い帳程度のものでも認められるようです。
(詳細は各自治体で確認をお願い致します)

主婦やサラリーマン副業でも会計ソフトは便利

マイナンバー今のところ直接的な課税には関係ありませんがいずれ連携してくることは明白です。

また、課税対象でありながら申告をしていない人も多いようで税務署もかなり対策を講じ始めています。
実際にネットでの副業やオークションやネット販売で個人的にものを作り販売している人などへの課税についてもかなり厳格化しています。

そんな白色申告市場ですが将来「青色申告」に移行する予定のある方や簿記の知識がある方にとっては「MFクラウド確定申告」が人気なようです。

「簿記の知識はあまりない」という人はfreeeもいいでしょう。

しかし、私のように簿記の知識が全くない人はどうでしょう?

「簿記感がなく使い物にならん」と一部の青色申告ユーザーさんからは不評なfreeeでさえ簿記の知識がない私から見るととやっぱり難解です。

しかし、2014年からは白色申告といえども帳簿の作成・保管が義務となりました。

基本的には提出の義務はないのである程度ちゃんと要件を満たしていればOKです。
白色申告に複式簿記は無用です。  

www.smile-hack.com

近い将来独立を考えている方やすでに報酬が数万円どころではない人は青色申告を見据えたクラウド会計を選ぶ必要があるかもしれませんが当面「白色申告」だという方は無理に難しいものを使うこと必要はありません。

主婦やサラリーマン副業に「やよい白色申告」が最適な理由

白色申告をする予定の人は白色申告で必要な範囲の帳簿を作れば税務上の問題ありません。

もちろん要求以上の書類を無理に作る必要のありません。

そうなると白色申告に特化したソフトを利用するのが良いでしょう。
個人的にはやよいの白色申告オンラインを利用しています。

白色申告に特化しているので余分な項目などもなく非常にわかりやすくなっています。

簿記不要!白色申告に超特化したインターフェイス

私は簿記の知識は皆無です。

当初は帳簿が義務化するとは思っていませんでしたが報酬の金額をつけている際にやや面倒になってこの「やよいの白色申告オンライン」を使い始めました。

私はあまり深く考えずに白色申告に特化したやよいを使い始めましたがfreeeやMFクラウド確定申告などに触れてみるとそのやよいのシンプルさが身に沁みます。
簡単なんです(笑)

取引入力は
・取引日
・科目
・取引先
・金額
これだけです。

f:id:aeron501:20160211225203j:plain

必要に応じて摘要の項目もいれますがこの4項目の管理だけです。
固定資産の管理や家事按分の管理は別途設定する必要がありますが通常はこれだけです。

固定資産は別途登録し償却年数などを決めると自動的に反映され経費適用されます。
また、光熱費などの家事按分の比率を一括設定できるので月々の電気代などをそのまま入力するだけなので簡単です。

サポート充実!何でも気兼ねなく聞ける電話サポートも使い放題

やよいの特徴はサポートの充実さかもしれません。

MFクラウド 確定申告もfreeもサポートはありますが財務相談に関してはやよいの経験のほうが参考になるかもしれません。

MFクラウド 確定申告に関してはサポートはあるのですが財務相談は基本的に受け付けないとのことです。
サポートはあくまで操作に関することのみを受け付けるそうです。
このあたりは基本的に税理士さんを紹介するというスタンスをとっています。

freeeに関しては電話サポートがないのが残念です。 無料お試しありました
freee会員登録詳細

最安クラウド会計!

3大クラウド会計の「MFクラウド確定申告」「freee」との比較において価格でもこの「やよい白色申告オンライン」一歩リードしているといえるでしょう。

MFクラウド確定申告が年間契約で8800円(月契約は月額880円)
freeeが年間契約で9800円(月契約は月額980円)
対してやよい白色申告オンラインはベーシックプランで8480円と最安です。

そして、何年か経過してサポートが無くても困らなくなったら「セルフプラン」に切り替えることで年間4860円という破格の利用料となります。

ただし、やよい白色申告オンラインは年間契約しかありませんので注意が必要です。
ここが微妙なのですが次年の契約をしないと確定申告書の印刷が1回しかできません(笑)

まあ、何回も印刷するものではありませんが何か入力に不備があったりした際にどうにもならなくなります。

また、最安「セルフプラン」においてはサポートが一切ありませんのでこちらも注意が必要です。
(ただし、セルフプランからベーシックプランへの変更はいつでも可能です)

これらのデメリットを差し引いても最安クラウド会計に変わりありません。

主婦やサラリーマンの方の副業に関して白色申告でいくなら「やよいの白色申告オンライン」はかなりいい選択肢だと思います。