読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

MacBookProのSSD空き容量を5分で6GB増やした方法

最近愛用のMacBookProのSSDの容量が少なくなっています。

現時点でのOSはまだOS X 10.9 Mavericks(マーベリック)なのですがそろそろYosemiteにしようかなと。

ただ、ディスクの空き容量が6GBを切っているのでこのままだと無事にアップデートを乗り切れないようなのです。

f:id:aeron501:20160425002917j:plain

そこである程度のディスク容量を確保するために行った施策の中で一番簡単で手間がかからなかった方法をご紹介しておきます。

手順は簡単!セーフモード(セーフブート)で起動するだけ!!

もう目から鱗的な(笑)

Macをセーフモードで再起動しただけです!!

それでは簡単に手順を紹介してみます

Macシステムを終了

何も考えず終了です

左上のマークから「システム終了」します

電源ON→shiftで起動

 ここが今回のポイントです(笑)

Macをセーフモードという状態で起動します

電源ボタンを押して「じゃーん」ってなったら「shift」を押します

そのまま数秒保持します

起動画面でリンゴの下にバーが出てくればセーフモード起動が出来ていますので手を離してOKです

f:id:aeron501:20160425002929j:plain

で、僕も勘違いしていたのですが 「shiftを押しながら起動」ではないみたいですww
OS X:セーフブート、セーフモードとは? - Apple サポート

ただ、僕は押しながら起動でセーフモード起動できましたが...

すると程なく起動します

起動にはいつもより時間がかかりました。
時間にして3分〜5分といったところでしょうか。

この状態でも容量が節約されていることが分かります。

再起動

今度はまた普通に起動すると作業は終了です

あくまでも僕の事例ですが作業前の空き容量5.92GB

作業後空き容量12.52GBと実に6.6GBも空き容量が増えました!

f:id:aeron501:20160425002954j:plain

実はこの作業の意味とかどうして空き容量が増えるのかとか
その理屈的なことは分かってません(笑)

ただ、結果だけは分かりましたのでもし空き容量を簡単に増やしたいといった場合には試してみてもいいと思います。

もちろん作業の結果については保証できませんがご自身の状況を鑑みトライしてみてください。