読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

住宅ローン借り換え最強はどこだ?新生か、SBIか、イオンか、ソニーか

節約

f:id:aeron501:20160208213927j:plain

最近、住宅ローンの借り換えをしました。

厳密に言うと借り換えというよりは同じ銀行内での金利変更をしたんです。

実際に借り換えを検討するなかで最終的に現在借り入れをしている銀行での金利を下げてもらうことでかなりのメリットがでると思ったので本当の意味での借り換えはしませんでした。

ただ、借り換えを前提にソニー銀行の仮審査を受けておいたのですがそちらは通りました。

実際は借りないことになりましたが。

http://www.smile-hack.com/entry/sonybankwww.smile-hack.com

ネット銀行の凄さを知った

実際に今回の借り換えのことを検討していくうちにネット銀行の凄さを知りました。

実際に借り換えの検討の際にはソニー銀行と住信SBIネット銀行位しか見ていなかったのですがその後も色々気になるので見ていたところ新生銀行の金利に驚きました。

今日、2016年2月13日時点での変動金利は年利0.630%という脅威のスコアです(笑)

f:id:aeron501:20160213235525j:plain

もちろん、しかもこの新生銀行の恐ろしいところは保証料や団信、繰り上げ手数料など「0円」なんです。
ちなみにソニー銀行も保証料0円でした。

よくよく見てみるとネット銀行の大半は保証料がありませんでした。
繰り上げ手数料もほぼ無料です。

f:id:aeron501:20160213235638j:plain

要介護の際の保証なども充実しておりなかなかいい感じの住宅ローンになっています。

新生銀行の変動金利は半年で金利アップ(驚

と新生銀行スゲーと思っていたのですがこの新生銀行の金利優遇は実は半年間だけのものでした。

f:id:aeron501:20160214000721j:plain

半年間を経過後は自動更新で基準金利から年0.65%を優遇得するというもの。
例えば現在の住宅ローン基準金利は1.600%ですから半年以降の金利は0.95%となります。

そうすると結果的には新生銀行の金利の魅力も半減してします。

多くの人の場合は数十年単位での返済となるでしょうから半年で金利が上がってしまうのは残念です。
そう考えると最強とも言えない状況になります。

イオン銀行も好条件の様子

次に目にしたのは「イオン銀行」です。

こちらも魅力的な金利を提示しています。 0.57%です。

f:id:aeron501:20160214011325j:plain

ただ、というかやはりというか手数料が借入金額の2.16%なのでそこそこの手数料がかかってしまいます。

これに関しては住信SBIネット銀行も同じです。

で、これまたイオン銀行もよくよく見てみると10年以上の長期金利はありません。

もちろん借り入れ自体は可能ですが当初10年までの固定金利での選択となります。
最近の金利動向で最初に変動を選択しておいてから固定に移動する際にはやや物足りないこともあるかもしれません。

f:id:aeron501:20160214012156j:plain

ただ、当初10年の固定金利0.79%はかなり魅力ですね。

しかも、ネットだけの銀行とは異なり店舗は限られるもののイオンモールでの相談や申し込みも可能なので安心感はありますね。

個人的にはやっぱりソニー銀行は良い

f:id:aeron501:20160214020428j:plain

話が変動や固定とごちゃごちゃしましたが相対的にソニー銀行の金利優遇はやっぱりいい感じがします。

当初の金利を変動で考えているなら手数料が43,200円というのも魅力です。

変動から固定金利に切り替える際にも長期も低金利でカバーしていますからなかなかいい感じがします。

今回はネット銀行での借り入れはしませんでしたが次はソニー銀行がまた最有力になりそうです。

http://www.smile-hack.com/entry/housing-loanwww.smile-hack.com