読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

在宅副業に必要なネット銀行口座を開設しよう

ツール 確定申告 副業

在宅副業に必要なネット銀行の口座開設

主婦でもサラリーマンでも副業を始めようと思ったのであれば最初に考えなくてはならないのが税金のことです(笑)

ネット上では配偶者の扶養となっている主婦の人は38万円までは確定申告不要とありますが実際には市県民税への申告は必要となります。
申告=課税ではないのでそのあたりはグレーなことをするのではなくきちんと申告をするべきでしょう。

大半の役所では確定申告と同じ時期に所得の申告を受け付けています。

そして、そのための用意はきちんとしておいたほうが良いと思います。
申告の場所は税務署などでなく市役所、町役場などとなります。
その際にさまざまな書類の妥当性や裏付けをとるのに一番よい方法は銀行口座の取引印刷しておくことでしょう。

また、これから少しでも多く稼ごうとするならなおさらきちんとした準備をしておくべきでしょう。

では、具体的にはどんな準備をしておいたらいいのでしょうか?
実際には毎年の副業などの収入に対しての税金は確定申告することで算出されます。

白色申告の場合には銀行の取引明細は基本的には行われませんが準備は必要ですし保管義務もあります。 そのあたりを含めて副業専用の銀行口座やクレジットカードを持っておくことはとても良いことです。

在宅副業をするならネット銀行(オンラインバンキング)口座は必須

在宅の副業においても収入は基本的に振り込みとなります。
実社会の給与も最近では多くの企業が振込でしょう。

通常使用する銀行口座はみなさんすでにお持ちだと思います。

今回、副業を始めるに辺り収入の振り込先はどのようにお考えでしょうか?

少なくともどんな副業であってもあなたが本業以外の収入を得た瞬間から税金のことを考えなくてはなりません。

主婦の方で扶養されている方なら年間38万円、サラリーマンなどの方の副業であれば年間20万円この金額が一つの目安となります。

こまかな説明はここでは割愛いたしますがいずれ副業収入に対し納税(確定申告)をすることになるなら銀行口座は断然専用の口座を用意するべきです。

収入の計算、経費の計算、月額サービスなどの支払い、等々副業に必要な経費や収入の受け口としてあちこちの口座でバラバラにお金の管理をすることは困難です。

すくなくとも最低1つでも副業専用の口座を用意したいものです。

これは稼ぎが増えれば増えるほど収支の計算や税金、確定申告は大変になりますから最初のうちから仕組みをきちんと構築しておくことが良いでしょう。

オススメのネット銀行

ネット銀行といえども銀行ですから口座を作るにあたっては様々なサービスを比較したほうが良いでしょう。

金利の低い銀行、サポートの手厚い銀行、手数料が安い銀行…
何を優先し重要視するかはあなた次第なところもあります。

私は楽天銀行とジャパンネット銀行を利用しています。

楽天銀行に関しては楽天市場での支払いに利用する目的で作りましたが入出金の手数料は比較的高めで特別なメリットはあまりなさそうです。 ただ、楽天市場を頻繁に利用する場合には使いやすいかもしれません。
楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

現在はジャパンネット銀行をメインしています。
ジャパンネット銀行:Japan Net Bank

ヤフオクなどの決済用にもしていますが実際にはヤフオクの決済はともすると課税対象になってしまうのも困るので別の口座を使用したいところです。
(ヤフオクの売上に関しては「個人の所有物における不要品の処分」ということであれば課税されませんが転売などの利益目的の場合には課税や申告の対象となります。)

また、私は利用していないのですが「住信SBIネット銀行」はセブン銀行やゆうちょ銀行での利用料回数制限はありますが0円となっていますのでかなり良いと思います。

ヤフオクも副業で行っているというような場合や使用頻度が高いという場合にはジャパンネット銀行もいいかもしれません。

ヤフオクの「かんたん決済」の手数料が無料なのはジャパンネット銀行だけとなっています。

また、ソニー銀行などは電話サポートなども充実しておりいずれ住宅ローンなどを検討している人にとってはメリットの大きい銀行ではないかと思います。
MONEYKit - ソニー銀行(ネット銀行)

高金利も魅力のひとつ

ネット銀行は高金利も魅力

ネット銀行の特徴のひとつに「高金利」があげられます。

ネット銀行はいわゆる銀行窓口がないためその分、多少でも金利に還元されるといった具合です。

多くのネット銀行は金利面では普通の銀行よりも軒並み金利が高めとなっています。
少し1年~3年と言った中期での定期を組めるのであれば楽天銀行あたりの金利も非常に魅力的だったりしますね。

auユーザーであれば「じぶん銀行」も良いでしょう。
「じぶん銀行」はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資しているネット銀行ですので安心です。
じぶん銀行(ネット銀行)

振込なども簡単

最近の生活を取り巻く環境ではサラリーマンの給料は振込、支払いはカードだったりします。

それ以外にも電子マネーなどを利用したりとお金に対する価値観や使い方も様変わりしています。

銀行間のやり取りも昔は銀行から銀行へ給料日にはATMに列をなして手続きをしたこともありました。

しかし、最近は給料日にATMに列をなす光景を見ていません。
列がないということではなく私自身が給料日に銀行に行かなくなってしまったからです。

もろもろの支払い手続きは振込などで済ますことも多くなっています。
もちろん手数料がかかりますから全てネットバンキングで済ませているわけではありませんが振込の予約は夜中でもできますし同一銀行内であれば即時振込も可能です。

確定申告も連携可能

主婦やサラリーマンの方が副業をしようと思うと金銭的なことと時間の確保に追われることになるでしょう。

確定申告や市県民税の申告をするにあたり会計処理や計算をしなくてはなりませんがクラウド系の会計ソフトを利用することで大きく手間が省けることになります。

上記に上げたようなネット銀行であればほとんどクラウド系の会計ソフトに対応しています。
使った日付、金額などは自動で取り込みをする設定も可能で帳簿のつけ忘れなども回避できます。

まとめ

主婦の方でもサラリーマンの副業でもこう言ったパソコンを使った副業を考えるときに欠かせないもののひとつがこのネット銀行でしょう。

ネット銀行は手続きもやや煩雑な場合もありますが一度開設してしまえばその他には面倒なことはありません。

このあと、カードを作成するにしても銀行口座は必要になります。
まずはネット銀行口座を作って副業に関するお金の流れをしっかり把握できる仕組みを作っていきましょう。