読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

【MFクラウド確定申告】は副業主婦やサラリーマンに使いこなせるか?

確定申告 税金 ツール

f:id:aeron501:20160216200121j:plain

3大クラウド会計のひとつ「MFクラウド確定申告」です。

ネット上の評判は比較的簿記の知識が必要だという声が多く私のような簿記の知識の全くない人間が使えるかどうかが心配です。

こちらの記事では主婦やサラリーマンの副業に対して この「MFクラウド確定申告」のレビューをしていきたいと思います。

「MFクラウド確定申告」登録は簡単

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

まずは登録です。 はじめての利用の方は【アカウント登録】をクリックして登録に進むようですが 私の場合はすでに登録済のマネーフォワードアカウントがありました。

同じアカウントで利用が可能です。

【ログイン】をクリックし進みます。 アカウントがない場合でも簡単に登録が可能なことが推測されます。 最初の登録に必要なものはメールアドレス程度でしょう。

さて、肝心の登録に際しては 途中「MFクラウド会計」という文字が出てきますが問題ありません。 基本的にこれから使おうとしている「MFクラウド確定申告」は「MFクラウド会計」の確定申告部分に特化したサービスと言っていいと思います。

ですので一旦、「MFクラウド会計」の登録画面になりますがそのまま設定に進みます。 事業所の作成をしてアカウントの開設が完了です。

すでにマネーフォワードとの連携をしておりいきなり 「仕訳されていない入出金が177件あります。」とのアラート(笑)

f:id:aeron501:20160216200156j:plain

指示に従いさっそく仕訳を進めていきます。

仕訳を進めるにあたっては簿記の知識が必須になるようです。 以前利用していた「やよい白色オンライン」ではほぼ迷うことなく、それらしい項目を設定できましたがこの「MFクラウド確定申告」はある程度の簿記の知識が必要となります。

ただし、簿記未経験者には敷居が高すぎる印象

今回の「MFクラウド確定申告」の第一印象は「簿記ムズッ」 全くの簿記未経験ですから言葉から勉強しなくてはなりません。

借方と貸方、勘定科目、仕訳…

他にも色々な言葉が飛び交ってどの言葉がどんな意味合いの事柄なのかすらわからないものも多々あります。

この「MFクラウド確定申告」を使いこなすのであれば最低限の簿記の知識が必要となります。

しかしながら、例えば主婦やサラリーマンの副業でどこまでも「白色申告」の予定の場合には わざわざ簿記を勉強してまでこの「MFクラウド確定申告」を使いこなす必要があるのかは判断に困るところです。

将来「青色申告」の予定ならアリ

将来的に青色申告を予定している方であればこの機会に簿記を勉強するのもアリだと思います。

青色申告には「複式簿記」と呼ばれる帳簿の作成が義務となります。 その場合には簿記を覚えるか確定申告を誰かに依頼するかという選択肢になるでしょう。

主婦の方やサラリーマン副業からステップアップして個人事業主としてまたは法人としていくならこの「MFクラウド確定申告」~「MF会計クラウド会計」が良いかも知れません。

無料登録はメリットいっぱい

そんな敷居の高い「MFクラウド確定申告」ですが実はメリットも存在します。

3大クラウド会計の他の2つ「freee」と「やよい白色申告」は実質的に無料利用は「完全なお試し」となります。

それに引き換えこの「MFクラウド確定申告」は無料でも確定申告ができてしまいます。 ある程度の仕訳や入力の制約があります。 (2015年12月時点で仕訳ルール学習5件、月次仕訳15件となっています。)

仕訳ルールはその都度手動で仕分ければいいので何とかなりそうです。 あとは毎月の仕訳件数が15件で収まるかどうかですね。

主婦やサラリーマンの副業ということだけで考えれば十分に可能な数字ではないかと思います。

この無料の「MFクラウド確定申告」のみで確定申告までまかなってしまうことも可能です。 若干最初のハードルが高いのですが無料で使えることを考えると十分にアリな選択だと思います。

http://www.smile-hack.com/entry/freeewww.smile-hack.com

http://www.smile-hack.com/entry/yayoiwww.smile-hack.com