読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

フラジャイルの意味や原作漫画、視聴率から最終回をネタバレ予想

テレビ ドラマ

f:id:aeron501:20160206010956j:plain

いやいや面白いですな「フラジャイル」
原作マンガは読んだことないけど!

フラジャイル(ドラマ)がおもしろい

TOKIOの長瀬智也さんの出てるドラマ好きなんです。

IWGP(2000年)やタイガー&ドラゴン(2005年)あたりは見たことがなかったのですが華麗なるスパイ(2009年)やうぬぼれ刑事(2010年)あたりから好きになってよく見ています。

ちょっと雰囲気は違うのですが「泣くな、はらちゃん」(2013年)はとっても良かったです。

決定的に面白かったのは前作「クロコーチ」でしょうか。
独特な風貌と台詞回し。

長瀬智也の世界が明らかにあり、見ているだけで引きこまれてしまいます。

そんな長瀬さんの新主演ドラマ「フラジャイル」

一風変わった医師を演じるわけですがクロコーチと同じスタッフか? と思ってしまうほどの演出です。

ただ、今回のキャスティングは元々松潤が内定していたらしいのですが これはこれでキャスティングを変更して大正解だと思ってます。

フラジャイルってどんな意味?

フラジャイルってどんな意味なのでしょうか。 ドラマのタイトルにもなっています。

実際にはドラマの内容とこの「フラジャイル」についての相関性を持った意味合いはないようです。
フラジャイルは壊れやすいという意味がありその流れで「かよわい」という意味もあります。

現時点では4話まで見たとこですが主人公の岸京一郎(長瀬智也)の過去が少しだけ垣間見られています。

第4話の最後のほうでは元々は臨床医(いわゆる患者と接する医者)から病理医(患者とは直接あわずに検査を担当)になった京一郎のその心の中にある何かを匂わせていました。

いまのところ一番しっくり来そうなのは「かよわい」か「はかない」といった感じでしょうか。
周囲に攻撃的な態度を取り続ける京一郎。

しかし、それは患者のためであり自分自身の診断(鑑別)に最後まで疑問を投げかけ続ける京一郎。

そんな彼のかよわさや繊細さを現した言葉が「フラジャイル」なのかもしれません。

フラジャイルの原作漫画について

フラジャイルは原作が漫画です。 「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」というタイトルで月間アフタヌーンに掲載されています。

連載開始は2014年8月号からで今では単行本は5巻まで発売されています。

冒頭にも書きましたが原作マンガは読んだことがありません。

それでもドラマはかなり楽しく見ています。

「フラジャイル」の原作漫画はまだ連載を続けています。 主人公の京一郎がどんな結末を迎えるのかはまだ定かではありません。

また、新人病理医の宮崎智尋(武井咲)や臨床検査技師の森井(野村周平)のことやこれからどうなるのか楽しみです。

特に森井については4話で医学部を中退していることが明らかになりました。 彼にどんな過去があり、なぜ医学部をやめてしまったのか? それなのに臨床検査技師として働く姿にはどんな過去が隠されているのでしょうか。

原作マンガはいまのところ5巻までです。

また、最近なら電子コミックもオススメな感じです。
国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

フラジャイルの視聴率はどう?

今期のドラマはあまり当たりがない感じがしています。

フラジャイルも一度ドラマを見てみると分かるのですがとっても面白いです。 ただ、視聴率は伸び悩んでいます。 基本的に視聴率10.0%の前後となっています。

1位のスペシャリストも4話までの平均で14%程度となり低迷しています。

フラジャイル最終回予想!

最初にお伝えしておきますが「原作漫画」は読んでませんので。

現在、ドラマは4話まで終了しています。 ここまででなんとなく伏線として描かれているのは 覚えている範囲で ・主人公岸京一郎は元々臨床医 ・白衣は着ない ・残業しない ・でも、どこかで色々調べてる ・鑑別は10割にこだわる ・森井久志は元医学部

ってところでしょうか。

この後、中盤までは森井くんの話になると思いますね。

で、終盤は岸の話でしょう。

実際には臨床医時代のトラウマのようなものに囚われているように思います。

例えば患者が死んだことで自分を責めている。

更にその亡くなった患者が身内だったり...

もしかしたら奥さんを病気で亡くしているとか。

そして、その後悔や戒めの部分をきっと宮崎(武井咲)が和らげてくれるのでしょう。

そして森井も再度医学部を目指すとか。 まだまだ、ドラマも中盤手前なので読みきれませんが引き続きウォッチしていきたいと思います。

あ、松井玲奈さん演じる製薬メーカーの火箱直美もちょっといい感じだったりします(笑)

PS:5話の予告をみて

岸が余命宣告された若者に向けた言葉と思われる発言の箇所がありました。

「心臓は動いている、いま生きている」

んーとってもいい言葉だと素直に思います。

最新記事:
www.smile-hack.com