Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

ASUS Chromebook 【C213】と【C223】 比較レビュー

f:id:aeron501:20181224123652j:plain

2019年に入り早くも1月も終わり....昨年6月に会社の方でChromebookを5台導入し、今回2台増設しました。

前回はC213NAというタイプ、今回はC223NAという型番的に後継機種かと思われる機種。
で、2台が納品され早速触っているのですが.....

「後継機種」ではない感じですね。

現在のChromebookの使い道は現場での書類整備や参照などが目的です。
その上での違いや比較についてまとめていきます。

【新-C223NA】の第一印象

最初に開梱しての印象は「安っぽい....」でした。
今のところ、Chromebookは【旧-C213NA】しか使っていないのですが、自宅ではMacBookProを使っていることもあり、筐体についてはどうしてもアルミ削り出しと比べてしまいます。

そして、【旧-C213NA】も同じくプラスチックなのですが、外周のラバー加工やエンボス加工などが施してあり、あまり安っぽい感じはしませんでした。
【新-C223NA】に関してはグレー(シルバー)の天板で押すと凹む、つるっとしたシンプルな外観がやや物足りなく思ってしまったのかもしれません。

f:id:aeron501:20190203122806j:plain
上が【旧-213 NA】・下が【新-223NA】

もちろん、その後は見慣れてきたこともあり当初の安っぽいイメージはありませんし、各方面でレビューされているような素敵な外観だと思っています。
また、プラスチックの外装も軽量化に寄与する部分だと思われますのでネガティブな要素ではないと思います。

【新-C223NA】タッチパッドがちょっと残念

そして、最初に触って数秒で感じたのがタッチパッド

タッチパッドの作りがあまり良くないのか、少し触るだけでも「カタカタ」言うのです。
現場で使用する際には気にならないのですが静かな場所でひとりで触ると少しうるさいです。

2台とも同じような状況なので仕様の範囲なのだと思います。

【旧-213 NA】と【新-223NA】比較

f:id:aeron501:20190203122903j:plain
左が【旧-213 NA】・右が【新-223NA】

いくつか感じたことを書いていきます。
それがメリットなのかデメリットなのかは、それぞれですが私の立場でのメリット、デメリットとして捉えてください。

使用感は圧倒的に【旧-213NA】

中身のスペックは基本的に同じです。

なので使用感も同じだろうと思っていたのですが、少し違いましたね。

感覚的には新しい【新-223NA】の方が少し「安っぽい」感じがしてしまいます。

もちろん製品のコンセプトが異なるので強固さを売りにしている【旧-213 NA】との比較は違うのかも知れませんが...

キーボードの感じも【旧-213 NA】の方が安定してタイピングできる感じです。

タッチパッドは【新-223NA】の方のカタカタした違和感がどうしても馴染めませんでした。

ただ、この辺りは使用する場所や馴れで「気にならない範囲」ではあります。

持ち運びに関しても【旧-213 NA】は裏側の足というかゴムコートの部分が長く指の掛かりがいいのでちょっと持ちにもストレスありません。

【新-223NA】に関しては足は4つの独立したゴム足なので片手でさっと持つと少しすべるかも知れません。

f:id:aeron501:20190203123824j:plain
上が【旧-213 NA】横に長いゴム足が良い・下が【新-223NA】

【旧-213 NA】と【新-223NA】の少し気になる違い

【旧-213 NA】は画面タッチが使えます。

ただ、好みにもよりますが画面が汚れるのと反応があまり良くないので用途によっては無印「iPad」が良いかも知れません。

特にA0サイズの図面データを閲覧しようと思うとちょっと力不足な感じがします。

その点、iPadはとても良いです。


とは言え【旧-213 NA】は360度画面が開くのが魅力です。

画面をちょこっと誰かに示したいときがあるんです。

f:id:aeron501:20190203123212j:plain
奥が【旧-213 NA】・手前が【新-223NA】

【新-223NA】の安さは超魅力的

今回の色々な状況を考えると【新-223NA】の安さは魅力的です。

1台5万円を超える【旧-213 NA】を2台買うと【新-223NA】は3台買えそうな感じです。

厳密には3台の方が少し高い。

実際の購入価格は【旧-213 NA】51,840円、【新-223NA】36,720円でした。

Chromebookを広めたいという目的から考えると少しでも安く多い台数を入れてしまった方が良いと思います。

また、一度安い価格になれてしまうと....

弊社では5万円の壁がひとつの目安としてあります。

そこを越えるか越えないかで購入のハードルが少し変わってきます。

3.5万円位という端末はとても魅力的です。

まとめ

個人的には【旧-213 NA】が好きですが少し重いのと価格的にハードルが高くなりました。

実際に普段使いでは私は【新-223NA】を使っていますが不便はありません。

いくつか違いを書きましたが違いには馴れました。

Chromebookの他に4年落ちのSurfacePro3を使っているのですが、使用感は圧倒的に【新-223NA】の方が良いです。

SurfaceはどうしてもWindows(Excel)などが必要なときしか使いません。

で、大きい画面が欲しいときは23インチモニターを併用しています。

あ、どちらもだったのですがモニター出力はHDMIでないと出力できませんでした。

最初、USB-CからVGA端子に変換したのですが出力できませんでした....

USB-CからHDMI変換したところ問題なく出力されました。

ASUS Chromebook 【C213】と【C223】結局どっち?

個人的には【新-223NA】でいいかと思います。

もちろん堅牢性が必要な場所なら【旧-213 NA】一択ですが。

どちらでも良いなら安い方で十分ですね。

【予告】次に買ったのは【C423】ww

で昨年12月にこの【新-223NA】を注文してその2日後辺りに【C423】が発売されました....

かなりの廉価で14インチ!

まあ、買うしかないですよね(笑

今年に入って2台の増設があり、そっちをチョイスしてみました。

結論だけ言うとかなり「アリ」な端末でした。

また、改めてレビューします。