読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

キーボードから任意のアプリ起動のショートカットを割り当てる【BetterTouchTool】

Macでブログを書くのですがあまり余分なことはしたくない性分です。

なるべく簡単に色々したいのですが地味に便利なアプリを一つ紹介します。

【BetterTouchTool】です。
紹介され尽くした感もありますがまあいいでしょう。

f:id:aeron501:20160222004808p:plain

BetterTouchToolとは?

f:id:aeron501:20160222005020j:plain

BetterTouchTool(以下 BTT)はトラックパッドやマジックマウスなどの挙動(ジェスチャ)などを用いて様々な動作を行うためのツールです。
キーボードにおいても独自のショートカットを作成し様々なアクションを実行することができます。

というと簡単すぎますがそんな感じです。

僕はキーボードを使っていくつかのショートカットを割り当てているだけですが便利に使用しています。

ブログを書くときになるべくラクしたい

いくつかのショートカットのうちの一つがミッションコントロールのショートカットです。

ミッションコントロールはトラックパッドの4本上スワイプやキーボードでは【Control+↑】でもOKです。
実際にキーボードでのショートカットは存在するわけですがこの【Control+↑】ですと両手を使用しなくてはなりません。

それが面倒なんです(笑)

そこで【マウスのホイールクリック】のショートカットを割り当ててみました。

そうすると通常ミッションコントロールの後の動作(クリック)まで一連の動作で完結させることができとてもスムーズに使うことができます。

ミッションコントロールもキーボードショートカットで便利

上記のミッションコントロールですがマウスのホイールクリックの他に【Control+A】というショートカットも設定しています。
実際にマウスのホイールクリックがたまに効かないこともあったりロジクールのコントロースセンター(トラックボールの設定アプリ)が他のソフトと競合してしまっていることもあるのでBTTからのキーボードショートカットも併用しています。

最近ではこちらのほうが使用率が高いかもしれません。

これなら左でだけでショートカットを実行できるので右手はマウスから動かさなくてもいいので便利です。

自分なりのキーボードショートカット

ちょっとしたところですが計算機の起動を【Control+C】に割り当てています。

ちょっとした計算をするときには便利です。

また、愛用のPopclipの起動についてもこのショートカットで【Control+1】を割り当てています。
Popclipはときどきクリックしても次のアクションバーがでないこともありこのショートカットで強制的に表示させるのはかなり便利です。

ひとつでも便利に使えるなら導入する価値あり

そういったショートカットを一つでもつか言えたら便利と思い当たるのであれば導入することをおすすめします。
複雑なセッティングは難解なところもありますが私のような使い方なら難しくなく使えると思います。

BetterTouchToolの導入方法

BTTは公式サイトからのダウンロードとなります。(AppStoreにはありません)
ダウンロードしてインストールする。

一例をご紹介します。
【1】まずショートカット(ジェスチャ)を割り当てるデバイスを選択
【2】全体の設定なら「Global」
   アプリ毎に切り替えるなら下の「+」ボタンから追加。
【3】「+Add New Shortcut」で追加
【4】任意のキーを選択(ここではControl+Cで計算機を起動)
【5】アクションを選択
【6】ショートカットとアクションの紐付けができました。

f:id:aeron501:20160222004842j:plain

複数ボタンのマウスにも色々アサインできる

私自身はマウスの通常「進む/戻る」ボタンのところに別の動作をアサインしています。 (実際にはここにもミッションコントロールを一部アサイン)

ちょっとしたところですがかゆいところに手が届く感じがいいです。

【BetterTouchTool】は有償化となりました

これまで無償で使用できていたBTTですが有償化されています。

実際には価格は任意です。 購入画面では350円から5828円までの支払い方法が用意されています。

運営的には699円を標準価格としています。

まとめ

似たようなアプリや機能は色々あるのですが1つのアプリでここまで管理できるとあれこれ考えなくて済むので扱いやすいですね。

今回紹介した機能以外にもドラッグして最上部に行くと全画面表示になるとか、トラックパッドのタップで動作を紐付けたりとかかなり色々できます。