Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

JINSのレンズ交換保証が神がかっている件

f:id:aeron501:20180603104421j:plain 先日、メガネショップ「JINS」での出来事です。

「JINS」に衝撃をうける

高校時代からメガネを着用しています。
そのころはメガネ一式で5万円とかする時代。

最近はメガネもすっかり安くなりました。
ここ数年は近所の「眼鏡市場」でメガネを調達していました。
「眼鏡市場」はこのところの激安メガネとは一線を画し、サービス重視で一式16,200円(以前は18,900円)となっています。

その代わりにレンズの保証が手厚い感じになっていました。
最近は「眼鏡市場」での残念なできごとが重なりちょっと嫌になっていました。
結局、「眼鏡市場」が良かったと言うより「店員さん」が良かったのかもしれません。
ということで少し足を伸ばし車で20分ほどの「JINS」へ

それが今年の1月のことだったのですが、「JINS最高!」となり、結局1月に家族分4本(自分用2本)も買うことに。
まあ、何がいいかって
・安い
・店員さんがていねい
・レンズ保証が半年(眼鏡市場と同じ)

ということで価格的にも眼鏡市場の半額程度での購入が可能な「JINS」
すっかり「眼鏡市場」に行く理由もなくなってしまいました。

「JINS」でのレンズ交換

で、1月に作ったメガネですが、
最近は目の疲れがひどくなりいろいろとチェックしてみるとどうも「老眼が進んでいる」ようです。

そして、メガネの度もなんだか強すぎる感じになってきていました。
更にいつも迷わず入れているブルーライトカットですが老眼のためスマホを見るときはメガネ外すし、PCは色調整しているし、Macは「Night Shift」機能があるし、「不要かな」と思ったので再び「JINS」へ出向きました。

そして、度数を変更し、ブルーライトカットの「JINS SCREEN」から普通のクリアレンズにしたんです。

その間、店員さん一切嫌な顔せず。

で、会計をするというのでレジへ
「レンズ変更分、返金になります」というじゃないですか!

確かに、新品で購入するとき、ブルーライトカットのレンズは+5,000円(税別)でしたけど。

5ヶ月とか使っているし、こちらの都合なので返金には全く期待してなかったし、無理だと思っていたので。

まあ、本当はそのまま使えればよかったのですが...
気軽に「神」的なことは言いたくないのですがなかなかの衝撃でした。

「JINS」後記

あまりの衝撃に製造業の身としては「メガネの原価いくらだよ?」
とか思ったりしなくもないのですが...

ただ、JINSの店舗ではいろいろなことが学べます。
店員さんはiPodtouchを持っていていちいち情報を入れているみたいです。

データや顧客管理はすぐに取り出せる仕組みになっている模様

おそらく店員さんのスキルも一括で管理されていて役割分担も明確になっている模様
1月にはメガネをひたすら拭いて、整理しているだけだった店員さんが視力検査を担当できるようになってました。

JINSの仕組みにとっても興味があります。
そういう仕組みとかも原価低減や顧客満足に寄与しているのでしょうね。

実際、JINSでの買い物に関しては満足度高いです。
ということで「JINS MEME」がほしい今日このごろ

JINS SCREEN