Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

【Vimeo】の有料プランから無料プランへ変更する方法と手順

f:id:aeron501:20170723121110p:plain

今回は「Vimeo」の有料プランを解約し無料プランに戻しました。
プランの解約が分かりにくかったのでシェアしておきます。

Vimeo 有料プラン(PLUS)解約の手順

最初に前提条件ですがVimeoの有料プランは「解約」という言葉は適切ではないようです。
Vimeoの有料プランは継続契約というか「自動更新」という形態になります。
私の場合はクレジットカードの毎月支払のプラン(月額1075円)でした。
年払いの場合にはまた少し手順が異なるとは思います。

手順1「PLUS」管理画面へ

マイページやトップページから青色の「PLUS」という部分をクリックするとメンバーシップのプランを確認することができます。

f:id:aeron501:20170723121247j:plain

f:id:aeron501:20170723121334j:plain

手順2「自動更新を止める」

メンバーシップの確認画面から現在のプランの状態が確認できます。
私の場合は自動更新で7月25日に更新されると表示されています。

f:id:aeron501:20170723121358j:plain

自動更新情報の横にある「iマーク」をクリックすることで自動更新の管理画面に移動します。

ここでは支払方法や更新日などが確認できます。
そして「自動更新を無効にするならここで」という表示の青色の「ここ」をクリックします。

f:id:aeron501:20170723121415j:plain

すると自動更新を無効にするための最終確認となります。
念のためプラン変更による変わる内容を確認しておきましょう。
f:id:aeron501:20170723121450j:plain
私は月額1075円の「PLUS」から無料プランである「Basic」に戻ります。
確認後「自動更新をオフにする」をクリックで手続き完了です。

メンバーシッププランで確認しても自動更新は止まっておりサービスの変更日が表示されます。

f:id:aeron501:20170723121632j:plain

手続きそのものは簡単なのですが契約の仕組みや考え方が分からなかったのと手続きの入り口が分かりにくかったです。

私はプランを戻すにあたりアップロードしてあった動画を全てダウンロードしてローカル保存に切り替えました。

Vimeoの場合は自身の動画はいつでもダウンロードすることができます。

Vimeoを無料プランに戻した理由

今回、Vimeoを有料プランにしたのは画面操作のキャプチャを共有する必要があったからです。 動画で操作を共有することで他の人にもスムーズに手順を伝えることができました。
その動画の容量が無料だと足りなかったためです。

無料プランに戻るにあたり動画をそのままにしても良かったのですが念のため削除したという感じです。

結局、Vimeoもいいのですが月額1075円かかっていました。
それならDropboxのPlusプランもいいかなと思っています。

元々、動画を公開する目的ではなかったので最初からあまり良い選択肢ではなかったのかもしれません。
でもVimeoは動画販売なども可能なプランがありますからYoutubeとは違った使い方ができそうですので今後もう少し有効に使い、時期が来たらまた有料プランを試してみたいと思います。