読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smile-hack

40代夫婦が住宅ローンと子育てに追われ節約や副業をしながらも明るく楽しく生きていく記録

Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac(PFU)購入

ツール

f:id:aeron501:20160816172027j:plain

キーボードを変更してみました。
基本的にガジェット系の物欲が人より多い方なのですが今回はPFUの「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」を購入です。

以前から使用していたマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードも特に不満はなかったのですが少々大きさが気になりだしました。
肩が開いた状態で無理のない姿勢でタイピングできるので良かったのですが少し飽きてきたんですね(笑)

f:id:aeron501:20160816172226j:plain

最強キーボード「RealForce」と「HHKB」

ということでいろいろなキーボードを物色していたのですがそこで「RealForce」に興味を持ちました。

世で言う最強キーボードとも言える逸品です。

ただ、以上に高い(笑)
安いものでも15,000円位するので躊躇します。
しかも、これまでメンブレンやらパンタグラフなどの一般的なスイッチのキーボードした使ったことがありませんから不安いっぱいです。
しばらくもやもやしておりました。

で、もやもやしている間にHHKBというキーボードもあるぞと言うことになり、物色していたのですがこれまたカッコいい。
リアルフォースの普通感のキーボードに比べHHKBは全然普通じゃない感じ。

俗に言うコンパクトキーボードというジャンルを始めて知りました。
テンキーレスくらいならなんとなく知っていましたがこれだけ小さいのは潔いと。

ま、どちらにしても高いwww

最終的に欲しいのはHHKBかなと言うことに自分の気持ちは落ち着いたのですがやはり高い。
そこで廉価版のHHKB Lite for Macの存在を知ることとなります。

2000円でHHKB Lite for Macを買う

HHKBの購入に踏み切る前に気になるのが価格と配列です。
独特の配列でキーの数も最小にしてあるために使い難いんじゃないかと懸念するわけです。
そこで見つけた廉価版「Liteシリーズ」しかもこのタイプ「for Mac」があるじゃないですか。
基本的に白好きなのでほぼ即決の状態。
ただ、いずれはHHKBのプロフェッショナル2を買いたいという頭があったので極力安くしようとヤフオクで。
結果、2000円+送料での落札となりました。

HHKB 購入後レビュー

落札後、程なく届きました。
白いのはいいですね。
すでに持っている同社のScanSnapS1100も購入当時はアップルストア限定の商品でしたが白に惹かれて割高でも購入した記憶があります。

f:id:aeron501:20160816171755j:plain

大きさについてはマイクロソフトのキーボードよりはかなり小さいのですが以前から持っていた「ポケモンキーボード」の方が小さかったのとMacBookProのキーボードとほぼ同じなのでそれほどインパクトはありませんでした。

f:id:aeron501:20160816171914j:plain

ちなみにMacBookProも英語配列にしており今回のHHKB Liteも英語配列にしましたが特に問題はありませんでした。

打鍵感はまあパンタグラフですから驚くほどではありません。

HHKB 独特の配列をどう扱うか

今回の「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」購入ではプロフェッショナル2を購入した際になくなる十字キーが本当になくなっても大丈夫なのか検証したいという思いがありませした。
なので、極力右下の十字キーを使わずに使用しています。

とりあえず無くてもいける感じはしています。

「Fn」キーとの組み合わせで方向キーを使うことになりますが配置が良いので特に違和感は感じません。 まあ、それでも十字キーの方が使いやすいことには違いありません。

f:id:aeron501:20160816171701j:plain

ただ、今回の件でコンパクトキーボードの使い方というかホームポジションを極力崩さないタイピングを意識するようになりました。
タッチタイピングが特に早いわけではないのですが指の移動が少ないので確かに効率的かもしれません。

例えば文章を打つ際にカーソル移動を「コントロール+F(B)」で進む、戻る。
「コントロール+P(N)」で上下移動
「コントロール+H」でバックスペース
他にもいくつかのショートカットを覚えましたが今までなら何も考えずに十字キーを使用していたところをホームポジションから移動できるので馴れると効率的かもしれません。

省スペースになったのは良かったです。

f:id:aeron501:20160816172636j:plain